昔は結構高かった定期預金の金利

定期預金の金利は年々下がっている傾向にあり、以前はかなり高い数字になっていたこともありました。

 

昔は銀行がどんどんお金を増やすことを行ってくれたので、定期預金でも1%近い金利が存在する所も多かったのです。

 

しかしゼロ金利政策が取られるようになった影響もあり、どんどん銀行の金利は下がってしまいました。現在は0.3%もあればいい所で、サービスで0.5%くらいまで上昇させてくれれば即決で入れても良いくらいの数字です。

 

それくらい金利については下がり続けていることが分かります。今までのように高い金利でどんどん増えていくということは無く、微々たる数字しか増えないこともあるので気をつけてください。

 

増やしたいと思ったら定期預金の金利での比較をしていかないと、失敗することがあります。